NIGHTWIND’S LULLABY

なにげない日記
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最近の記事
カテゴリ別
月別
携帯バーコード
qrcode
いつもありがとうございます
Author:MOONLIGHT
その日の出来事をもとに
色々と思ったこと、自分の過去の
出来事などを振り返って
色々と書いております。

何かありましたら↓へ
特に返信はしませんが
ちゃんと読ませていただいています。
catyugawara@gmail.com
無料ブログ作成サービス JUGEM
松岡修造が暑いのは自分のせいじゃない 湘南ひらつか七夕まつりにて


実際にこの日は自分の家は平塚ではなかったとはいえ、
関東地方は朝から鬼のように暑かったのは事実。
早くから目が覚めたので
本当ならばこの平塚七夕祭りというものに
行ってみたかったのだが、
残念ながら準備不足ということもあり断念。

仕方なく(?)この平塚〜のサイトを見ると
この日のイベントに松岡修造氏が
参加するということで朝から鬼暑いということが
わかったわけだが…。
まぁネタでネットで暑いのは彼の存在だと
話題になっているのをどうやら本人も知っているようで
この発言をイベントでなさったらしい。

まぁ逆にデーブ・スペクター氏の存在により
寒くなるというのはあまり知られていない
(というか夏場はいくらTVに出てても
全く涼しくなんねぇしw)というか
どうやらこの猛暑には彼のクールな(?)
ダジャレは全く通用しないようで残念である。



| 夏の花 | 13:34 | - | - |↑PAGE TOP
サンリオキャラクター大賞2017年はシナモロールがポムポムプリンを抑え1位に
2日の日の夕方、Twitterのトレンドで
シナモン1位となっていたので
おそらくこのことだろうなと予想はしていたが
その通りになるとは。
つかなんでシナモロールをキャラクターすら知らない
自分が知っていることに驚くばかりなのだが
それを知っているのは
以前LIZ LISAでシナモロールとのコラボアイテムが
発売されていたことがありそれを
知っているということなんだけど
(あれ相当売れたようで発売直後に完売したっぽい)。

本当の名前はシナモロールというもので
シナモンロールではないんだけど
なんだか加藤一二三九段をひふみんと
愛称で呼ぶのと同じような感覚だなぁ…。
しかしこの大賞、もう32年もやっているのか…。

そんな中笑点では前半の演芸では
ダチョウ倶楽部が登場し、トリのおでんを始め
王道の鉄板ネタをすべてやっておりました。

| 夏の花 | 17:43 | - | - |↑PAGE TOP
最速の帰宅部 山本君自転車通学で才能に目覚めロードレース界の奇跡となる
番組を(いつものように)観ていないので
この方がどういう所に住んでいるのかはわからんが
自宅から高校まで10キロという距離は
都会ではないことは想像できる。
まぁこの話だけを記事で見ただけでも
自転車歴10ヶ月で高校生No1となり
アシストなしの単騎で優勝なんて
すごいと思うけど。

なんでもウチの中学校もそうだったけど
必ず何らかの部活に入らないと
いけないというルールが作られたのは
スクールウォーズというドラマに影響されて
不良生徒がラグビーをすることによって
更生した(かどうかは知らんけど)のを
教師だか教育委員会らがそれを
真に受けて(実際にあった話ではあるのだが)
部活の義務化をしたらしいというのは呆れたものだが、
授業に出ることすら苦痛だった自分としては
あれほど迷惑なものはなかったなぁと。

結局どこかの部活に入らなくてはならなくても
現実では不良生徒が更生することもなく
不良生徒は不良生徒で生徒や教師、
はたまた近隣住民に迷惑をかけ
部活には幽霊部員として顔を出さない
その反面(この学校は義務化かどうかは知らんが)
帰宅部でも自転車に目覚めて
ロードレースで優勝するという事例もある。
そんな自分も中学時代はほぼ帰宅部でしたけど、
周りに迷惑をかけるような不良生徒ではありませんでした。

もうそろそろ部活の義務化なんてやめた方がいいのでは?
つーかこの帰宅部って部活でもないのだから
この表現もどうなんだろうって気にもなったりする。






| 夏の花 | 10:54 | - | - |↑PAGE TOP
太田プロ総選挙開催中止理由はメンバー全員インフルエンザのため

そういえばこっちの総選挙も同時にやっていたんだと
(今回の本家の方が無観客状態ということもあり
今一つ盛り上がらなかったため)、
すっかり忘れていたんだけど、
なんでも今回は太田プロ総選挙という名の
有吉弘行が勝手に想像しながらツイートしているだけの
やつなんだけど…。

どうやら今回は太田プロ所属の人たちが全員、
インフルエンザ(今更かい!)にかかったということで
開催が中止となってしまったという。
ちょっと残念ではある。

というか有吉も忙しいし、
そんなことをいろいろと想像して考えて
ツイートをするのが面倒くさくなってしまった
(ないしはネタが思いつかなかった)のだろう。
一人でやっているのだからそりゃ大変だ。
心中お察しします…。

というわけで本家の方は指原理乃が
三連覇を成し遂げたそうですね。


| 夏の花 | 08:24 | - | - |↑PAGE TOP
ノンストップに登場したおかざきななの大人の色気スクールの受講料が32万


詳細は観ていないのでわからないが
とにかく自分が知っている限りでは
この方が去年の5時に夢中!の
ふかわりょうの代打MCをやった際に
ハイテンションでかな〜り「イタい」(芸風?)
な人の感じだったので(でも夕刊ベスト8の際に口にした
筋肉がどのくらい維持できるかが若さの秘訣
という話は結構興味深い話だった)そんなノリで
ノンストップに出たんかいなと思ったが
そこまではじけてはいかなかったらしい。
なにせ志麻子さんに言わせるとフジテレビは
ここ(MX)じゃないフツーのテレビ局だそうなので。

ただし、この一連のツイートを見ていると
何でも大人の色気スクールとやらを開講しているらしく
受講料が32万というのは高すぎやしませんかねぇ?
マック赤坂のスマイルセラピー何かよりはるかに高い様な気が?

とにかく一連のついーとにある
ダイヤモンドスマイルというのが非常に気になる。
観逃してしまったのが悔やまれるなぁ(´・ω・`)…。

| 夏の花 | 11:25 | - | - |↑PAGE TOP
加藤紗里 カープを祝福も日本シリーズとCSの区別もつかぬ状態
狩野英孝の騒動で一躍時の人となったものの
結局扱われるのはサンジャポくらいでしかないこの方。
今度はカープ女子だといってカープ人気に便乗したようで
(ニワカファンだからといって炎上する程のものでもないのだが…)
とりあえず広島が横浜に勝ったことでこの方も祝福をしているんだが
CSと日本シリーズの区別がついていない…、
わかっていない様子でこれはこれでまた面白い。
じゃぁいまやっていた横浜との試合は何だっていうんだと(笑)。
本当ににわかファンでも2軍の監督に1軍の監督を挙げたりと
ただのにわかでは相手にされないしニュースにもならんから
ある種計算ずくの発言かもしれなかったり?

それ以上に野球そのものもわかっていない様子なんだけど
なんだろう?この人がこういう発言をしてもなんとも思わない
…というか全くこの方に自分が興味がないということでもあるんだろうなぁと。
それともう一つは、カープ…というよりも野球ファンを自称しているものの
だからといってサッカーを野球好きの人の前でdisったり
(自分が観ていないだけかもしれないが…)するような
悪質なにわかファンではなさそうなのでまぁいいかという感じだろうか?

そういうね、サッカーが好きでもないのに人気に便乗して
サッカーのこともなんもしらんとやれゴンがカッコいいとか選手の事ばかりで
おまけに陰りのあった野球人気をここぞとばかり
人の目の前でdisった女が高校時代にいたといたので
そういう人間から比べるとはるかにマシかと。


ちなみに同じ加藤でも加藤シルビアアナウンサーは
一般男性と結婚だと。

| 夏の花 | 13:49 | - | - |↑PAGE TOP
田辺誠一画伯の五輪エンブレムをプロに失礼と削除だと

田辺サンがいつものように絶賛されているので
どのようなエンブレムを描かれたのか
見たさにスポニチアネックスの記事を見ると
一切彼のTwitterでのスクリーンショットがなくて何だコノヤロー的な(笑い)。
ただ、別の記事だとスクリーンショットがちゃんとあって
いつものゆるキャラ的なものを期待したら
全く裏をかかれたというか(失礼!)、
デザイナーとしてのセンスもあるんじゃないか的な
非常に説得力のあるデザインで
こっちの方が本当に良いんじゃないかと思わせるくらい。

つーか佐野氏のデザインに文句をつける気はないが
何で今までとは違う"らしくない"ある種のモダンなデザインの
エンブレムにわざわざしたんだろうという気になる。

ただ、この後反響があまりにも大きかったのか
田辺氏は削除したらしく「プロのデザイナーらに失礼になる」そうで
まぁ、下手したら田辺氏のそれを載せているままだと
またどこかの人が盗作する可能性もあるからなぁと(考え過ぎ?)…。

本件とは関係がないが、田辺画伯のTwitterで上げられている
(本にもなっている)一連のイラスト、
LINEスタンプ以外にも例えばTシャツやら
(佐野氏じゃないけど)トートバッグやらに
この方のイラストとコラボさせれば
なかなか売れるんじゃないかと思ったりもする
(もうそういう商品化されているかもだが)。

| 夏の花 | 15:40 | - | - |↑PAGE TOP
岩井志麻子&中瀬ゆかり 現実を屋台に出ているおもちゃで学んだ
祭りのときに出る屋台のランキングで食べ物系が上位で
遊戯系は少子化の影響もあってか
上位の方ではないという記事の話で

なんでも中瀬ゆかりさんはこれから台湾に行くそうで
ナイトマーケットが盛んらしく
必ずキラキラしたものが売っているそう。
安っぽいガラス玉なんだけど
買って持って帰ったら
ものすごく安っぽくてがっかりする…という話から

岩井志麻子さんも屋台では宝物だと感じるような
すごく魅力的なものも
親にねだって買ってもらっても
家の蛍光灯の下で見ると
何ともみすぼらしいちゃっちぃおもちゃで
子供心に多分人生とか生きるって…
あと、現実ってこういうもんなんだろうなと
そこで夢をおうちに持ち帰ったら
色あせてしまうんだろうな、っていうのを屋台で学んだ気がすると。

なんか略奪婚とかしてさ、
(オトコを)家に持って帰ってきてみたら、
なんかフツーに屁ぇこいてるオッサンだってことあるじゃない?
そんなことが屋台のキラキラで
学んだような感じがする、フハッハハハハ…、とは中瀬さん。


中瀬さんの略奪婚のくだりには笑わざるを得なかったが
買った後で自宅につくと
何でこんなものを買ってしまったんだろうみたいな、
そういう魔力みたいなものは
屋台を始めネットショップにしろあると思う。
時々、同窓会不倫みたいなドラマ
をやっているけど(同窓会じゃなくてもいいんだが)、
同窓会とかそういう場所では輝いている
(ように見える男)も実際のところは…
そういう風なことが圧倒的だと。


| 夏の花 | 14:58 | - | - |↑PAGE TOP
ナジャ・グランディーバ さぶの木村べんのイラストでゲイを認識
キューティーハニーのアニメが男子の
スイッチをONするという記事の話で
この日の北斗晶さんのピンチヒッターとして
(井森じゃないんだ…)登場した
ナジャ・グランディーバさんが
"目覚めた瞬間"について語っておられて
(ものすごくよく覚えているらしいわ)、

田舎に住んでいた中学生くらいの時に小さな本屋で
"さぶ"っていうゲイ雑誌があったらしく
(聞いたことはあるが今はないらしい)。
それを見つけた時に表紙の絵がすごいたくましい男の人が
ぴちぴちのズボン(今でいうパンツ?)を穿いて
バイクに乗ってるような絵だったらしい。

木村べんさんという人が描いた絵なんだけど
その絵を見たときにゾクゾクゾクッってきて
(自分はそっち系じゃないけどなんかわかる気がする)
これでワタシはやっぱり男が好きなんだな
っていうのを認識したそうだと。

今までもそっち系は多少あったそうだけど
それまでは初恋の人は女の子の名前を挙げてたりしてたそうで
でもそのさぶを見たときに"やっぱりこれだな"と。

ちなみにそのさぶは田舎の本屋だったんで
その本屋でさぶを買うと
「あそこの子がホモ雑誌買ってた」と街中に広がるらしく
だからどうしようかなぁと悩んだ結果、
自転車で隣町まで行って隣町でその本を買って
帰ってこそこそ読んで…もう眠れない夜ですよだと。

ふかわさん同様、隣町にあったからよかったけど
その隣町というのも何せ田舎だから
どのくらい離れていたのか気にはなる。
ただ、すっごい切ない話だなぁと。


ちなみに隣にいた岡本夏生嬢がふかわと
えんどぅだったらどっちが好きかという問いには
どっちかって言われたらえんどぅですとの回答
(えんどぅクン大喜びw)。



| 夏の花 | 17:48 | - | - |↑PAGE TOP